全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海地区予選大会

2021 第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海地区予選

出場校



決勝トーナメント





2021全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海地区予選要領

1.主     旨 国内における女子サッカーの技術向上と健全な心身の育成を図り、広く女子サッカーの
普及振興に寄与することを目的とし、高等学校のチーム全てが参加できる大会として実 施する。
2.主     催 (一社)東海サッカー協会     東海高等学校体育連盟
3.主     管 (公財)愛知県サッカー協会 愛知県高等学校体育連盟サッカー専門部女子委員会 4    後     援     愛知県教育委員会
5.期     日 2021年11月6日(土)・13日(土)・14日(日)
6.会     場 テラスポ鶴舞 (11/6 、 11/13 )、名古屋経済大学犬山キャンパス (11/14)
7.参加資格
(1)チーム:(公財)日本サッカー協会に女子登録した加盟チームであり、かつ高等学校のチーム
であること。本大会におけるチーム名は学校名とする。
(2)選 手:上記(1)のチームに大会参加申込締切日    10/2    までに登録された単一の高
校女子生徒の選手とする。
(3)外国籍選手:4名まで登録でき、1試合2名まで出場できる。
(4)選手証: 試合会場に登録選手証(写真付)を持参しない選手は、試合に出場できない。
ただし日本サッカー協会WEB登録システム(電子登録証の写し、いずれも写真貼 り付けにより顔の認識ができるもの)により確認がとれれば出場を認める。
(5)その他: 参加資格に疑義が生じた場合、(一社)東海サッカー協会で協議し裁定する。
8.競技方法
(1)トーナメント方式とする。
(2)試合時間は80分(40分ハーフ)とし、ハーフタイムのインターバルは10分以内とする。 (3)競技時間内に勝敗が決しない場合には、PK方式により勝敗を決定する。
決勝戦、3位決定戦は、20分(10分ハーフ)の延長戦を行い、勝敗が決しないときには、 PK方式より勝敗を決定する。
9.競技規則
(1)試合の競技規則は令和3年度(公財)日本サッカー協会の「サッカー競技規則」による。 (2)大会参加申し込みした最大30名の選手のうち、各試合の登録選手は最大18名とする。 交代できる人数は、競技会開始前に登録した最大7名の交代要員の中から5名までとする。
(3)ベンチ入りできる人数は最大13名(交代要員7名、役員6名)とする。
10.懲罰規定
(1)本大会は、(公財)日本サッカー協会「懲罰規定」に則り、大会規律委員会を設ける。 (2)大会規律委員会の委員長は一般社団法人東海サッカー協会規律委員長とし、委員については各県女子委員長とする。
(3)本大会期間中に警告を 2 回受けた選手は、次の1試合に出場できない。
(4)本大会において退場を命じられた選手は、自動的に次の1試合に出場出来ず、それ以降の処
置については大会規律委員会において決定する。
(5)本実施要項の記載要項にない懲罰に関する事項は、規律委員会にて決定する。
13 . その他
(1)大会期間中の事故や怪我に対して、一切責任を負わない。
(2)この大会の1位・2位・3位のチームは、第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会
の出場権を得る。
(3)選手登録は30名までとし、別紙登録用紙にて参加申込みをすること。 (4)監督会議は、各試合の開始70分前に各会場本部にて行う。 (5)給水タイムは、主審の判断により当日決定する。
(6)ベンチはトーナメント表上に記載のチームは左とする。 (7)ピッチ内のアップについては、当日連絡する。 (8)ゴミについては、各チーム持ち帰りとする。
(9)大会要項に規定されていない事項については、本大会実行委員会において協議の上決定する。
14.組合せ     (別紙参照)
15.交通費・宿泊費 全てチーム負担とする。


女子選手権東海大会 過去サイト
2012 2013 2014 2015
2016 2017 2018 2019
2020 2021