高校総体西部地区大会

平成31年度高校総体西部地区大会


高校総体サッカー西部地区大会 出場チーム


高校総体サッカー西部地区大会 1次リーグ日程表

(下段より、試合結果情報をお寄せください。勝敗表に反映いたします。)



リーグ表は随時更新していますので最新版は、プラウザの更新ボタンまたはキーボードのCTRLキー+F5を押下するなどしてご確認ください。


高校総体サッカー西部地区大会 1次リーグ

(下段より、試合結果情報をお寄せください。勝敗表に反映いたします。)



高校総体サッカー西部地区大会 2次トーナメント


(最下段より、試合結果情報をお寄せください。勝敗表に反映いたします。)


2019 総合体育大会INDEX
全国大会 東海大会 静岡県大会
東部地区 中部地区 西部地区


西部地区大会要領

1 主催 静岡県高等学校体育連盟・一般財団法人静岡県サッカー協会
2 主管 静岡県高等学校体育連盟西部支部サッカー部
3 期日 平成31年 4月13日 ~ 平成31年 5月6日
4 会場 各高等学校グランド・エコパスタジアム・遠州灘海浜球技場 他
5 参加資格 1)平成31年度日本サッカー協会に登録した者
  2)平成13年4月2日以降の出生の者、但し同一学年での出場は一回限りとする
  3)単独チームで参加できない場合の合同チーム
  4)外国人留学生のエントリー数は、4 名以内とする。そのうち、同時に試合に出場することができるのは
  2 名以内とする。
6 参 加 校 40校(40チーム) (浜松開誠館は県大会から)
7 県大会出場チーム数 10チーム(中部10、東部10) 全国・東海プリンスリーグ参加( 7 )チーム
8競技形式 1)予選ラウンド、決勝トーナメント方式で行う。
  2)1ブロック4チームによる8 ブロックの総当たり方式 試合時間は80分(40 分ハーフ)10 分とする。ハーフタイムのインターバルは原則として10分とする。延長戦は行わない。
  順位決定方法について
  ①  勝点(勝 3・分 1・負 0)②得失点差(総得点-総失点)③全試合の総得点
  ④当該チーム同士の対戦結果⑤前記項目が同一の場合は抽選
  3)各ブロック 1 位・2 位チームと特別シード 8 チームによるトーナメント方式
  試合時間は 80 分(40 分ハーフ)
  ハーフタイムのインターバルは原則として 10 分とする。
  勝敗が決しない場合は 20 分(10 分ハーフ)の延長戦を行う。
  なお決しない場合は、PK方式により次回戦進出チームおよび優勝チームを決定する。
  ただし、1・2回戦及び決勝戦以外は延長戦を行わず、PK方式により勝敗を決定する。
  4)トーナメント方式2回戦の敗者による県大会出場チーム決定戦(9 位決定戦)
  8チームによるトーナメント方式、上位 2 チームが 9 位となる。
  試合時間は80 分(40 分ハーフ)
  ハーフタイムのインターバルは原則として 10 分とする。
  勝敗が決しない場合は 20 分(10 分ハーフ)の延長戦を行う。
  なお決しない場合は、PK方式により次回戦進出チーム・県大会出場チームを決定する。
9 競技規則 サッカー競技規則2018/19による。
  ただし、以下の項目については本大会規定を定める。
  1)大会参加申し込みした選手のうち、各試合の登録選手は最大25名とする。
  競技開始前の登録と試合時の背番号が一致すること。
  2)交代に関しては競技開始前に登録した選手から7名までとし、交代票を使用すること。
  3)本大会において退場を命じられた競技者は、次の公式試合 1 試合に出場できず、それ以降の処置
  については、規律委員会(支部長・副支部長・技術長・審判長)で決定する。
  4)本大会期間中に警告を 2 回受けた競技者は、次の 1 試合の出場資格を失う。
  なお、予選リーグにおける警告処分は、決勝トーナメントへは持ち越さないものとする。
  5)テクニカルエリア:原則として設置するものとする。
  6)ユニフォームについて
  ア.正副2着を必ず携行すること。(FP・GK共に副は、シャツ・ショーツ・ストッキングそれぞれ正と明瞭
  に区別された異色のものであること。)
  イ. 番号はシャツの前面・背面に着け、1~25とし、これ以外の番号は使用できない。
  7)会場校は本部席を設け、試合記録をとること。
  8)雨天決行、ボール持ち寄り(公認球)
  9)メンバー表はゲーム開始30分前に本部と相手チームに提出すること。
  10)飲水タイム WBGT28℃以上を目安としてとる。(乾球 31℃以上)
  11)試合途中でも雷鳴が聞こえたり雷雲が近づいたりする様子がある時は、試合続行の可否を
  会場責任者が判断し、大会責任者と協議し決定する。
  *試合中における中止・中断の決定について
  会場責任者の判断に委ねるものとする。
  その後の処置は実行委員会(役員会)において協議の上決定する。
  雷の音が鳴ってから 30分は待機する。
  中止・延期の目安は待機してから 60 分を目安とする。
  前半が終了していない場合は後日、再試合を最初から行う。
  前半終了後に中止された場合は、その時点のスコアで試合成立とする。
  一方の責任により中止になった場合は、帰責事由のあるチームを 0対5の負けとする。
  12)記録用紙・審判報告書は浜松西高校 松山 まで送付のこと。
  *大会実施要項に記載されていない事項については、大会実行委員会(役員会)において
  協議の上決定する


総体西部地区 過去サイト
2011 2012 2013 2014
2015 2016 2017 2018


◇静岡県高校サッカー総体西部地区大会の結果を送信ください。 記入例 富士山 3-3 琵琶湖 ◇
おなまえ       

メールアドレス(任意)

試合結果